住宅展示場を見ていると最近の新築住宅は採光を重視する傾向に?

近所に大きな住宅展示場があって、その前を通りかかるだけで多くの新しい住宅を目にする事が出来るのですが、わざわざその中を見学しなくとも分かる事があります。 それが、いずれの住宅もリビングの温もりを重視している事。採光部分を増やし、日中であれば部屋の中にも陽だまりを作り、常に温かく過ごせる様な空間作りを行っている事です。 私が現在住んでいる家はサッシや窓の数も少ない上に面積も小さく、また日照を効率良く取り込める様な配置になっている訳でもありません。明らかに各部屋が暗く、少し照明を落とすと昼間でもどこか陰鬱で物悲しい雰囲気となってしまいます。 住宅展示場の各住宅を見れば広大なテラスがリビングと直接繋がっており、天気が良ければそのままテラスに出て気軽にその温もりの恩恵に預かれそうな感じ。私の場合趣味が園芸ですから、仮にその様な間取りの家を持てたら休日はのんびりとテラスに出て、陽光を存分に浴びながら鉢花の植え替えや手入れを楽しみたいと思ったり… 現在住んでいる家も中古でようやく購入出来た程で、とても文句は言えないものの、せめて将来、リフォームで手を加えられるならその様な条件に少しでも近付けられる様にしたいものです。